1950年代英国スミス社製クロームメッキ1215(テゥエルブ・フィフティーン)15石手巻腕時計3年間保証付
税込価格¥129,000
(ネット限定価格、ポイント対象外)
ラッピング  - 



【 1215(テゥエルブ・フィフティーン)とは 】

戦後、ジャガールクルトの技術者であるロバート・レノア氏を招き入れ、スイスの技術を注ぎ込んだ初の英国生産モデルである1215。シンプルで地味な存在ながら、スミスらしい個性に満ち溢れています。

【 英国の老舗ケースメーカー、デニソン社製のホーンラグ】

1950年代初期のデラックス発売と同時期に生産された1215の最終モデルです。英国の老舗ケース・メーカーのデニソン社がエルメスなどにも提供していた3ピース式ホーンラグ仕様のクロームメッキ・ケースが採用されています。このケースの材質と仕上げは、とても凝っていて、ステンレス・スチール製のベゼルと裏蓋が、クロームメッキの本体を挟み込んでいる形状となっています。さらに、本体はマット仕上げですが、ラグの表面のみがポリッシュされており、デニソン・ケースらしい独特な雰囲気を生み出しています。


  【 光が文字盤を走る、個性的な文字盤 】

文字盤はアルミの地を活かしたシックなデザインにローマ数字のインデックスが1215らしい味を出しています。また、ローマ数字がプリントされたリング状のパートには特殊加工が施されており、光の当たり方でハイライト部分が回転するように移動し、様々な表情を作ります。動画ではその魅力をご覧いただけます。スミス社の文字盤に対するアイデアや加工技術は当時より高く評価されており、控えめながらもしっかりと作り込まれたスミスらしい文字盤と言えるでしょう。また、極めて細く繊細な3針には伝統的なブルースチール・ハンズが採用され1215ならではのモデルといえます。

【 デラックス搭載と同等の信頼性の高い、モデル末期のキャリバー 】

1215のデザインは最もスミスらしいと人気ですが、ムーブメントには初期モデルであることで避けられなかった問題点も多く抱えていました。この1215は、モデル末期の製品で、ムーブメントには初期のデラックスと同じキャリバーが搭載され1215の弱点が、すべて払拭された最終モデルでしか味わえない信頼性の高さを実現しています。日常的に1215を使いたいという方には特にお勧めです。

外径:31.2mm。