1950年代英国スミス社製 金メッキ デラックス15石手巻腕時計3年間保証付
税込価格¥99,900
ラッピング  - 



【 デラックスとは 】

1952年より発売が開始された、スミスの高級機種の中でも最もスミスらしいと言われているシリーズ。1950年代当時としてもトラディッショナルなデザインを持つデラックスは「スミスと言えばデラックス」と言われる由縁。

【 1950年代半ばのデュオトーン文字盤デラックス 】

1950年代半ばに生産された金メッキケースのデラックス、デュオトーン文字盤モデルです。ベゼル一体型の本体は、真鍮ベースに金メッキが施された独特な形状が魅力です。また、裏蓋は剛性の高いSS製で、ムーブメントを包み込むプレス部品で構成されているため耐衝撃性にも優れています。

文字盤は、素材が異なる2色に分かれたいわゆるデュオトーン・ダイアルです。光の当たり方で明暗が反転する盤面には、ゴールドのインデックスと針とが配されており、デリケートなニュアンスを感じさせます。


ムーブメントは、スモールセコンド用15石高性能キャリバーが搭載されており、デラックスの名に相応しい精度と信頼性が約束されています。

外径:32mm。
  【 数十年の時が作り上げた美しい佇まいが魅力 】

ヴィンテージウォッチは、その時代にしかないデザインやメカニズムが大きな魅力となりますが、それと同時にヴィンテージならではの時が作り上げた美しい佇まいも見逃せない魅力と言えるでしょう。エイジングはネガティブなイメージと成りえますが、このデラックスには、正しく使われて来た道具だけが持つことの出来る美しい佇まいがあります。

金メッキケースの表面は、ほとんどのメッキは消え去り、無数の使用キズが見られますが、ベースの金属が真鍮であることもあり、その表情には暖か味さえ感じられます。

また、文字盤や針にも、長年の使用で蓄積されたことによる美しいヴィンテージウォッチならではの趣が宿っています。

ムーブメントについては、恐らく1960年代に、その時代のバランスの優れたスミス純正の振り子に交換されていることで、より高い精度を生み出しています。そして、裏蓋の内部には多数の整備履歴があり、使用頻度に見合ったメンテナンスが施されてきたことが分かります。さらに、ビッグベアーにて、ほとんどの消耗部品の交換を含めた、オーバーホールを行っており、工場出荷時以上の精度と耐久性を期待できます。