1960年代英国スミス社製クロームメッキ アストラル17石手巻腕時計3年間保証付
税込価格¥99,900
ラッピング  - 


 
 
「その佇まいには歳月が、内部には時計師の思いが宿る」
正しく数十年間使われて来た、年輪を感じさせる佇まい。
そして、徹底的に整備され新品同様の性能を与えられたムーブメントには、時計師の想いを感じられるはず。

     
     
     

【 アストラルとは 】

デラックスと並ぶスミスの人気ラインナップのひとつです。ムーブメントはスモールセコンドの15石、センターセコンドの17石と高性能キャリバーが搭載されています。デザインはデラックスに比べ、モダンでシンプルな傾向で、当時のスミスとしては斬新で前衛的なモデルと言えます。現代の目で見るとそのデザインはスミスらしさに溢れた、いわばスミスが作り上げた古典的スタンダードと言えるでしょう。そのため、近年発売されているクラシカルなデザインの腕時計には、アストラルのデザイン・エッセンスが取り入れられている製品が多く見受けられます。

【この時計について】

1960年代前期に生産されたクロームメッキ・ケースのアストラルです。ラインダイアルのアストラルの中でも比較的生産数の少ないレア・モデルで、1960年代前期でありながら、ショックプルーフが装備されているなど信頼性の高い17石が搭載されており完成度の高いアストラルと言えます。

  【コンディション:徹底的に整備され、グッド・エイジドが生まれる】

写真をご覧いただければ、このアストラルが数年ではなく、数十年、使用されていたことを、容易にお分かりいただけることでしょう。ケースには、数多くのキズやクロームメッキの擦れがあり、文字盤のシミなど、極めて使用頻度が高かったことを物語っています。しかし、正しく頻繁に使用されて来た道具には、ミント・コンディションにはない、ヴィンテージ・ウォッチならではの佇まいが生まれることがあります。そして、時には、このアストラルのように美しさを伴うことさえあるのです。そんな雰囲気の良い時計が、新品同様の動作だったら、それは素敵なこと。そう、私たちは考えています。見た目の外観とは裏腹に徹底的に整備を行い工場出荷時の性能を与えたのが、このアストラルです。



  【ケース:ベゼル別体式のようにデザインされた巧みな技術力】

見た目にはベゼル、本体、そして裏蓋の3ピース構成のように見えるケースですが、実は巧にデザインされたベゼル一体型の2ピース式で、スミス社の極めて高いキャスティング技術を感じさせる部分であると言えます。

また、エッジの効いたシャープなラグ周辺のデザインは、アストラルらしいシンプルかつ、先を見据えた、当時のモダンなデザインと言えるでしょう。また、裏蓋はステンレス・スチール製で剛性を保ち、夏場の使用での汗による腐食を最小限に抑えることにも貢献しています。外径:31mm。





【文字盤:伝統的な盤面にモダンが融合したアストラルらしさ】

トラディショナルな雰囲気を持つホリゾンタル・ラインの盤面に個性的なアラビア数字や楔形のインデックスなどモダンなエレメンツが見事に調和した、極めてアストラルらしい、デラックスとは異なる方向性のスミスらしいデザインと言えるでしょう。また、特徴的な形状の長短針とソリッド・カラーのレッド・アローは他のスミスとは異なった、少量生産モデルらしい個性を放っています。

単体で見ると、それぞれのパーツは個性的ではありますが、全体的なバランスの良さには、スミスが頑なに守り続けていた間違いのないデザイン・ポリシーが感じられ、奇を衒った印象は微塵もなく、そこには、柔らかく優しい落ち着きを感じさせる印象が息づいています。
 





  【ムーブメント:17石の高品質と耐久性を持つキャリバー】

このモデルに搭載されている17石ハイクウォリティー・ムーブメントは、1950年代より進化を続けて来たセンター・セコンド・キャリバーの後期型と言え、極めて高い精度と信頼性を発揮します。

スミスの欠陥部品と言えるボルト・スプリングは、ビッグベアーが開発した対策部品に交換されているため、竜頭周りについては、新品当時以上の耐久性を得てています。

また、このムーブメントの消耗部品である動力ゼンマイ、ラチェット・スプリング、そして、カンヌキバネは新品に交換されています。