1962年 英国スミス社製 9金無垢デラックス 17石手巻腕時計 3年間動作保証付
セール価格¥199,000
(¥50,000オフ)
通常価格¥249,000
ラッピング  - 


【 デラックスとは 】

1952年より発売が開始された、スミスの高級機種の中でも最もスミスらしいと言われているシリーズ。1950年代当時としてもトラディッショナルなデザインを持つデラックスは「スミスと言えばデラックス」と言われる由縁。

【 この時計について 】

1962年に生産されたセンターセコンド文字盤のデラックス・モデルです。9金無垢ケースはベゼル一体型のスミス自社SCW製で裏蓋には刻印などはなくヘアライン仕上げとなっています。文字盤はシンプルですが個性的なアラビア数字と三角形のアワーマークの組み合わせによるデザインで、文字盤と3針には夜光塗料が施されています。

 

ムーブメントは17石のショックプルーフ機能付きで高性能を誇るキャリバーといえます。ベルトは極めて上質な本リザード皮革製(新品)が付属いたします。

外径:32.2mm。

【 コンディション 】

ケースに表面的な極めて浅い使用キズは見られますが、新品に限りなく近いミント・コンディションと言える状態です。また、文字盤や針には夜光塗料の自然な経年変化がございますが、気になるようなエイジングは、ほとんど見られません。ムーブメントの状態も完璧に近いコンディションと言えます。60年近く経過した製品としては奇跡的な状態を保っています。



















「浮彫のインデックスは楔形と特徴的なアラビア数字」
 
シンプルな楔形のインデックスと1960年代に流行した独特な書体のアラビア数字。

これらは、このモデルを特徴づける最も重要な要素と言えるでしょう。特に数字の4に目を向けていただくと、1960年代においての近未来的な味付けを感じることが出来るでしょう。
 
 
 
「1950年代スタイルを残したケース・デザインが秀逸」
 
1960年代後期のスミス・アストラルと比べると、このデラックスのサイドビューは、1950年代スタイルを色濃く残した、やや厚みのあるデザインであると言えます。

しかし、そこは1962年製であるため、裏蓋のエッジ部分をテーパー形状にして、腕に着けたときには、実際よりもスリムに見える工夫がなされています。

しっかりとした太めのラグ・デザインと共に、やや武骨とも思える本来のデラックスらしい、英国的で秀逸なケースであるといえます。
 
「秒針は、このデラックスの個性のひとつ」
 
スミスのセンターセコンドには、いわゆるレッドアローと呼ばれる赤い装飾が施されていることがほとんどです。

しかし、このデラックスはルミナス(夜光塗料)仕様であるため、菱形の装飾の中にルミナスがペイントされた、地味ながら極めて個性的で繊細なデザインとなっています。
 
 
 
「金針と文字盤に施された繊細で
味のあるルミナス(夜光塗料)」
 
効果はすでに失われていますが、このデラックスに奥深い味わいを生み出しているのがルミナス(夜光塗料)です。

秒針には菱形の装飾と共に、また、長短針にはシンプルでトラディショナルなデザインとして施され、さらに文字盤には、アワー・マークの外周に、立体的なドットがペイントされています。これらは伝統的な深い味わいと言えるでしょう。
 
「先進技術であったショックプルーフ機構」
 
振り子の中心には「ケルティックな十字架」形状の、効果の高いショックプルーフ機構が付き、耐衝撃性に優れた、当時としては先進的なムーブメントでした。

スミスのショックプルーフは他社のデザインと比べ、その十字架のデザインが特に美しいと定評があります。この形状は均一に衝撃を吸収する、極めて優れた構造で、正に機能美と言えるのです。
 
 
 

見た目をシンプルにするために行った
メカニズムの複雑化

 
時計を最もシンプルに設計すると秒針が6時の位置に配置されますが、このデラックスのようなセンターセコンドは、スモセコ(スモールセコンドの略)のムーブメントにギアを追加して、秒針を文字盤の中心に移した、より複雑な構造となっています。そのため軸受けの石がふたつ増え17石となるわけです。見た目をシンプルにするために行ったメカニズムの複雑化。それによるムーブメントのビジュアルも醍醐味と言えるでしょう。
 
「最高級の本リザード皮革製ベルトが魅力を増す」
 
このデラックスに装着されているベルトは、本物のリザード(トカゲ)皮革製の極めて上質な製品となっており、このデラックスの魅力を最大限に引き出しています。

程良い厚みのあるパッドと、さりげないステッチでデザインされており、繊細なリアル・リザードの質感を上品な半光沢のコーティングで仕上げています。ご使用いただく度に、喜びを感じていただける部分でもあります。