1958年英国スミス社製9金無垢デニソン・ケース デラックス(青焼針)15石手巻腕時計 3年間保証付
税込価格¥179,000
ラッピング  - 




 デラックスとは 】

1952年より発売が開始された、スミスの高級機種の中でも最もスミスらしいと言われているシリーズ。1950年代当時としてもトラディッショナルなデザインを持つデラックスは「スミスと言えばデラックス」と言われる由縁。


【 この時計について 】

1958年に生産された9金無垢ケース、スモールセコンドのデラックスです。このモデルの最大の特徴は光が当たると鮮やかなメタリック・ブルーに輝くブルー・スチール・ハンズ(青焼針)です。この鉄針を焼き入れすることで青を生み出す技法は戦前より続く伝統であり、このモデルのチャームポイントと言えます。また、英国の名門ケース・メーカーであるデニソン社製の9金無垢ケースの裏蓋には、BR(BRITISH RAILWAYS)の文字が刻まれており、日本で言うJRと同様のイギリス国鉄が社員の退職時に贈った記念品であることが分かります。


  ケース裏蓋はテーパー加工が施されおり、腕に付けた時のサイドビューがスリムに見えるように設計されている、当時流行していたスリムライン・モデルに仕上がっています。とはいえ、1950年代後期のデニソン社製品らしい剛性に優れた重厚なデザインは健在と言えるでしょう。ムーブメントには15石スモールセコンド用キャリバーが搭載されており、文字通りハイクウォリティーで贅沢なハイエンド・スミスといえます。 外径:30.8mm     

【 コンディション 】

金無垢のケースには、製造後60年以上を経過した製品としては、とても良い状態を保ち、丁寧に扱われていた個体であると言えます。文字盤は年式に相応しいエイジングが見られ、長年使用されて来たヴィンテージ・ウォッチらしい雰囲気のある佇まいが魅力となっています。青焼針の3針は、ほとんどエイジングのない、極めて美しいコンディションと言えます。これは、塗装とは異なり焼き入れにより現れた素材そのものの色彩であることが要因であると言えます。竜頭は生産時のオリジナルが装着されており、多少の摩耗は見られますが、まだまだ使用可能な状態です。レンズ及びベルトは新品が装着されています。また、ムーブメントの状態は特筆に値する新品同様の状態を保っており、英国における長年にわたる整備は、優れた時計師に委ねられていたことの証であると言えます。さらに、ビッグベアーにて、各部のスプリングなどの消耗部品の交換を含めた徹底的なオーバーホールが行われ、工場出荷時と同等の精度と信頼性を期待できます。もちろん3年間の動作保証付きです。


















「いつまでも鮮やかな青の魅力」
 
まるで南米に生息するモルフォ蝶のように美しいメタリック・ブルーに輝く青焼針。製造後、60年以上が経過しても色褪せることなく美しく輝き続けているのは、メタリック塗装ではなく、焼き入れすることで材質そのものが発色しているためなのです。

戦前より続く伝統的な手法である、このブルー・スチール・ハンズこそが、このモデルの最も大きな魅力と言えるでしょう。
 

 
 
「裏蓋の刻印はプレゼンテーション・ウォッチの証」
 
英国デニソン社の金無垢ケースの裏蓋には、とても美し刻印が施されており、それは、このデラックスのヒストリーであり、このモデルならではの魅力とも言えます。

BRは、日本でいうJRと同様の意味で、ブリティッシュ・レイルウェイズのこと。

鉄道マニアでなくとも、興味深いこの個体のIDともいえる証なのです。


 
「新品同様の美しさを維持してきたムーブメント」 
 
剛性と密閉性に優れたデニソン・ケースと言えども、60年以上の歳月を生き抜いて来たとは思えない、新品同様の美しさを誇るムーブメント。

何回もの整備を受けて来た個体であるため、メンテナンスを行ってきた時計師の気遣いと技術力の高さを感じられるムーブメントと言えます。
 
 
 
「個性的な形状のデニソン・ケース」 
 
2ピースや3ピース式であっても、通常、ムーブメントは、ケース本体に収まり、裏蓋は文字通り蓋の役目を果たす薄い形状となりますが、このデニソン・ケースは少々個性的な構造で裏蓋が深く、サイドの分かれ目が時計の厚みのほぼ中央となっています。

これは、深い裏蓋の中にムーブメントをそっくり埋め込む形式であるためで、ケース全体の剛性を高めた英国的なデザインであると言えます。

また、ベゼルとラグが一体式であることから、塊感のあるシームレスな造形を可能としており、このでラックスの個性となっています。
 
「裏蓋内部の美しい刻印が製造年式を教えてくれる」
 
英国において、金、銀、プラチナ製品には製造時に、メーカーが税金を納める義務があり、その証として刻印が刻まれます。

英国では、その刻印をホールマークと呼び、ヴィンテージ・ウォッチにとっては、重要な情報が記されています。

上部からデニソン社の製品ナンバーや社名ロゴに製造国が彫り込まれ、その下には税務署の刻印であるホールマークが続きます。

9金であることの証やイヤーマークと呼ばれる、製造年式を示す暗号。このモデルの場合は、横にした錨のマークとアルファベットのJとの組み合わせで、納税先がバーミンガムの税務署であることと、1958年の製造年が分かります。
 
 
 
「光の当たり方で表情を変える浮彫のインデックス」
 
青焼針と共にこのモデルの大きな魅力となっているのが、金メッキが施された浮彫のインデックスと言えるでしょう。

ざらつきのあるオフホワイトの盤面に浮彫となったアラビア数字のインデックスは、力強いシンプルな書体で、文字盤における重要なデザイン要素となっています。

また、青焼針同様に、光の当たり方で表情を大きく変えるため、この時計の奥深い味付けとなっているといって良いでしょう。