1960年代英国スミス社製金メッキ アストラル17石(ウォータープルーフ)手巻腕時計 3年間保証付
SOLD


【 アストラルとは 】

デラックスと並ぶスミスの人気ラインナップのひとつです。ムーブメントはスモールセコンドの15石、センターセコンドの17石と高性能キャリバーが搭載されています。デザインはデラックスに比べ、モダンでシンプルな傾向で、当時のスミスとしては斬新で前衛的なモデルと言えます。現代の目で見るとそのデザインはスミスらしさに溢れた、いわばスミスが作り上げた古典的スタンダードと言えるでしょう。そのため、近年発売されているクラシカルなデザインの腕時計には、アストラルのデザイン・エッセンスが取り入れられている製品が多く見受けられます。

【 伝統技術をアストラルらしく昇華した傑作 】

スミスのラインナップの中でも、アストラルはシンプルでモダンなデザイン、そして、スミスの個性を感じさせるシリーズですが、このアストラルは、だいぶ趣の異なるモデルであると言えるでしょう。デラックスにありがちな伝統を意識した、しかし、そこにスミスらしい地紋が施された文字盤。そして、アストラルには珍しいルミナス(夜光塗料)を施した、当時としてもヴィンテージ感のあるデザインですが、
細部に目を向けると、ありそうでなかった、新たな試みであることが、アストラルの製品ポリシーと一致します。また、夜光塗料は秒針にはなく、スミスのトレード・マークともいえるキャンディー塗装のレッドアローが差し色となり個性を放ちます。
  ケースは金メッキのウォータープルーフ付で、裏蓋のパッキンと竜頭の袋形状により、当時の生活防水程度の効果が得られるよう設計されていました。

外径:33mm。

※ウォータープルーフ性能は現代の生活防水とは異なりますので水分の侵入には充分な注意が必要です。

【 コンディションについて 】

金メッキ・ケースや文字盤の僅かなエイジングが見られますが、全体的に、美しさが際立つニアミント・コンディションです。

レンズ及び本リザード皮革製ベルト(定価:¥19,900)は新品が装着されていますが、他は全て1960年代のオリジナルです。そして、もちろんムーブメントは、消耗部品の交換を含むビッグベアーのフルコース・メンテナンス済みです。3年間の動作保証がその証です。



















「複雑な要素を巧みに詰め込んだ凝縮感が魅力」
 
一般的なアストラルのイメージは、シンプルでモダンという言葉が、当てはまるのではないでしょうか。ところが、このアストラルの文字盤には数多くのデザイン要素が詰まっており、決してシンプルとは言えないでしょう。

しかし、それらは伝統的に見えて、実はありそうでなかった、先を見据えたデザインであるともいえます。このことはアストラルのデザイン・ポリシーと一致します。ギョーシェ文字盤のデザインやルミナスの施し方、そして、スミスらしいいキャンディー塗装の秒針など、伝統をアストラル流に解釈したモダンであると言えるのです。
 

 
 
「キャンディー塗装のレッド・アローが差し色に」
 
統一感のある文字盤やインデックス、そして、針などの色彩は、飽きの来ないデザインと言えるでしょう。

そんな、柔らかい色彩の中に、ひと際目立つのが、このキャンディー塗装のレッド・アローの鮮やかなクリアー・レッド。フェイス全体にアクセントを与える差し色となり、スミスらしさを演出しています。


 
「厚みのある武骨なケースにお洒落な竜頭が映える」 
 
スクリュー・バック式の防水ケースであることから、多少は、その形状が厚みのある武骨なデザインとなるのは仕方のないこと。

そんながっちりとしたケースにお洒落な雰囲気を醸し出しているのがウォーター・プルーフならではの袋形状の竜頭のデザインなのです。ショック・プルーフと同様に、この時代の先進技術であると言えます。
 
 
 
「生活防水程度は期待できるスクリュー式の裏蓋」
 
独特な形状の裏蓋は、この時計が防水ケースであることを裏付けています。ケース内径と裏蓋外径とに施されたネジ山、そしてパッキンにより、生活防水程度の効果を期待できます。

脱着には専用工具が必要となり、また、竜頭にも防水機能用の加工が施されています。
 
「隠れた部分に先進技術を投入したアストラルらしさ」
 
前述のウォーター・プルーフ(防水機能)の他にもこのアストラルには、当時の先進技術が投入されています。それは、アンチ・マグネティック(耐磁機能)とショック・プルーフ(耐衝撃機能)です。

振り子の中心に見える赤い十字架が、ショック・プルーフ機構で、時計に縦方向の衝撃が加わった際に、軸受けのルビーの先端部がスプリングで半固定されていることで、その衝撃をキャンセルできるという巧みな構造になっています。