「白洲次郎が愛した時計。
スミス社製ベンソンをデッドストックで手に入れる」
 
白洲次郎氏が愛用していたことで知られるJ.W.ベンソンは、当時、エルメスやアスプレーなどの名だたるブランドと同様に、時計の生産をスミスに依頼していました。

繊細なマチエールが美しいマット調の特別な文字盤や、15石をチューンして16石としたスーパー・クウォリティーなど、上質を極めたスミスであると言えます。

スミス社の元社員のコレクションだった、このデッドストックで1950年代初期の贅を尽くした奥深い英国を味わっていただきたい。



1950年代 英国スミス社製 J.W.ベンソン
ゴールドプレーテッド・ケース 15石手巻腕時計
初期動作保証付

 
※デッドストックであるため、こちらの製品はオーバーホールをさせていただいておりません。 お手元に届いた時までの、初期動作保証のみとなります。

ご使用をご希望の方はオーバーホール(¥24,900)をご依頼ください。
 
 
SOLD








「英国らしい気品の中に光る個性」



このベンソンの文字盤は、スミス・デラックスなどの黒文字盤とは、 全く異なるマット調かつ繊細な質感の上質な表面処理が施されています。 また、筆記体のベンソンのロゴは、ロンドンの文字と共に、 スミスとは一味違う老舗ジュエラーに相応しい風格を主張しています。





「デラックスとはキャスティングの異なる
ベンソン専用設計のケース」







このモデルに採用されているのは、高い工作精度と端正なデザインが魅力の2ピース式ゴールド・プレーテッド・ケースです。 シャープなエッジが極めて美しいラグのデザインと、デラックスとは別物の重厚さとシャープさを両立した特別なケースが採用されています。





「デッドストックを物語る裏蓋」



裏蓋には保管上の微細なクスミなどは見られますが、新品といって良い美しさを見事に保っています。 このことは表面だけでなく裏面も工場出荷時の状態であるという、デッドストックの証と言えるでしょう。





「優れたメカニズムは美しいデザインを生む」



このベンソンに搭載されているムーブメントは16石です。この16という数字は、軸受けなどに使用されているルビーの数を表しています。 主な軸受けに使用されているルビーは、スチール製の軸をしっかりと受け止め、摩耗を防ぐという機能だけでなく、見た目の美しさにも貢献していることがお分かりいただけるでしょう。

デラックスのスモセコでは、15石が標準ですが、ベンソンの場合は1石増やし、より確かな耐久性と美しさが与えられています。 さらに、プレートの表面にはベンソンのロゴが美しく刻み込まれ、ここにもベンソン社の美意識への拘りを感じることが出来ます。





「極めて上質な新品本リザード革ベルトを装着」



この、デッドストックのベンソンには、入荷時ベルトは付属されておらず、現代の製品ではありますが、極めて高品質な本リザード革製ベルトを装着いたしました。 この上質な本リザード皮ベルトは、使い込むほどに味のあるエイジングをお楽しみいただけます。







「動画ならではの立体感や
ムーブメントの繊細な動きを是非ご覧ください」









【 J.W.ベンソンとは 】
 

J. W. Benson (ジェームス・ウィリアム・ベンソン) は1840年代創業のロンドンは オールド・ボンド・ストリートに、そして、晩年はラドゥゲイト・ヒルにショールームを構えていた老舗ジュエラーです。 惜しくも1985年頃に店を閉めていますが、彼の白洲次郎氏が愛用していたこともあり、 著名な実業家や政治家にも、その愛好家が多いことで知られています。 ベンソン社の時計は主にスイスで生産されていましたが、 英国市場のほとんどの製品はチェルトナムに工場を持つスミス社により手がけられていました。 近年では純英国製のベンソンとしてスミス社のモデルが注目されています。


■当店の品番 3483B   ■文字盤 黒文字盤   ■ベルト材質 本リザード革
■モデル名 J.W.ベンソン   ■針 スモール・セコンド   ■ベルト幅 16mm
■製造年式 1950年代            
■製造国 英国   ■ムーブメント 16石Cタイプ   ■保証期間 初期動作保証のみ
      ■巻上方式 手巻      
■ケース材質 ゴールドプレーテッド   ■チラネジ      
■ケース構成 2ピース   ■耐震機構      
■ケース外径 30.8mm