「1960年代後期にスミスが目指した姿」
 
スミス社は1950年代より伝統を重んじたスタイルとしてデラックスを、そして、シンプルで洗練された先を見据えたアストラルを展開してきました。

そんなスミスが、デラックスに終止符を打った1960年代後期に社運をかけて投じたのが、スミスの集大成といえるこのナショナルシリーズだったのです。



品番: 3592B
1960年代 英国スミス社製 アストラル "ナショナル15"
クロームプレーテッドケース 15石手巻腕時計

 
 
 
税込価格¥179,000
 
 
















「パール調の盤面に浮彫のインデックスが映える」





分刻みのインデックスを取り去った大胆な文字盤のデザイン。浮彫の3-6-9-12のみのアラビア数字とくさび形インデックスは、シンプルなパール調文字盤に奥行きを感じさせます。

ブラック・ペイントのインデックスは文字盤にコントラストを与え、青焼針と共に抜群の視認性を与えます。 ブルースチールハンズ(青焼針)と文字盤の赤い文字とが際立った差し色となり、素晴らしいバランスを構築しています。

僅かな経年変化が見られるものの、ヴィンテージとしてとても良い状態を保ったニアミントコンディションと言える個体です。





「光を受けるとメタリック・ブルーに輝く青焼針」



アストラル・ナショナル15(フィフティーン)のデザインに調和した、光を受けることで青く輝く、エッジの効いた造形の長短針は、英国ではブルー・スチール・ハンズと呼ばれるいわゆる青焼針で、スミスの伝統を感じさせる部分と言えます。

ブラック・ペイントの浮彫インデックスと共に、パール調の文字盤とのコントラストが、極めて良好な視認性を生み出しています。






「手巻であることの魅力」



スミスの全盛期であった50〜60年代には、電池式の時計は普及していませんでした。そのため、スミスのほとんどが手巻の機械式腕時計でした。

オーナーの指の力で、竜頭を回し、幾つかのギアを経てゼンマイを巻き上げて、蓄積された力が動力となり一秒を生み出し24時間以上動作するという、その仕組みには、正確な時間はスマホがあれば知ることができる今だからこそ、愛おしさを感じることができるのでしょう。

詳しくはこちらから






「エッジや曲線を活かした
ナショナルの美学を感じるケースデザイン」









クロームプレーテッドが施されたラグからボディーラインにかけてのシャープで洗練されたデザインは、アストラル・ナショナル・シリーズならではと言えます。

また、ムーブメントのエッジ部分を、極限まで切り詰めることで可能にしたスリムライン・ボーディーは、アストラルのなかでも際立った薄さを誇ります。

文字盤のデザインと共に、長年培ってきた英国製品としてのスミスならではの伝統を基盤にした美意識の高さを随所に感じていただけるでしょう。






「熟成の域に達した、スミス史上、最良のキャリバー」



ジャガールクルトの技術を投入して英国生産の高性能を実現したこのムーブメント。その起源は戦後の1215シリーズより始まり、進化を重ねながら基本設計を変えずに約20年の歳月を費やして到達した、スミス史上において最良のキャリバーが、このナショナルに搭載されている15石Cタイプ・ムーブメントです。

精度、信頼性に加わり、整備性と美しさも手に入れた、この15石は、製造後50年以上が経過しているにも関わらず、ビッグベアーの専門店としての技術が惜しみなく注ぎ込まれ、スミスの工場出荷時と同等の動作と、それ以上の信頼性を発揮いたします。






「本革ベルトが付属」



現代の製品ではありますが、素材の風合いを活かした本革ベルトが付属します。









「動画ならではの立体感や
ムーブメントの繊細な動きを是非ご覧ください」











「正しく動作させるための、時計師の想い」

  それは、全てを分解することから始まります。いったい、幾度、この時計は分解、そして、組立を繰り返してきたのだろうか。そんなことを思いながら、一つ、ひとつギアの歯をチェックします。

ゴミの付着や変形があれば精度は保たれません。振り子の軸に摩耗を見つければ、オイルが切れていた時の長さを知り、部品が加工されていれば、その時計師の想いが伝わってきます。

工場出荷時の動きを取り戻すこと、それが、ビッグベアーのオーバーホールという作業です。

ウォッチギャラリービッグベアー時計技師・店主: 大熊康夫


「スミスの欠陥を克服したビッグベアー」

スミスの高級時計であった、デラックスやアストラルのほとんどに使用されているムーヴメントには、致命的な欠陥部品がありました。

それは竜頭の抜き差しの節度を保つボルトスプリングの耐久性であり、下の写真のように、折れた状態で使い続けると、他の多くのギアにまで損傷が及ぶことになります。

ビッグベアーでは15年以上前にそのことに気づき、国内の時計部品メーカーと共同開発して、耐久性に問題のない対策部品を製作し、該当モデルの部品交換を行っております。




▲右はスミス純正のボルトスプリングで、5年以上使用すると、ほとんどの場合折れてしまう欠陥があり、当店では入荷時にすべての欠陥部品を左の対策部品に交換しています。





「保証書とインフォメーション・カードを同封」



お届けの際には、ウォッチギャラリー・ビッグベアーの保証書と、スミスの魅力や歴史を解説した、当店特製のインフォメーション・カードを同封させていただいております。

ビッグベアーの3年間動作保証について、詳しくはこちら










【 アストラル・ナショナルとは 】
 

デラックスと並ぶスミスの人気ラインナップのひとつです。ムーブメントはスモールセコンドの15石、センターセコンドの17石と高性能キャリバーが搭載されています。デザインはデラックスに比べ、モダンでシンプルな傾向で、当時のスミスとしては斬新で前衛的なモデルと言えます。

現代の目で見るとそのデザインはスミスらしさに溢れた、いわばスミスが作り上げた古典的スタンダードと言えるでしょう。そのため、近年発売されているクラシカルなデザインの腕時計には、アストラルのデザイン・エッセンスが取り入れられている製品が多く見受けられます。

そして、アストラルの中でも、このナショナル・シリーズは、よりシンプルさを強調したデザインと、極めてクウォリティーの高い英国製品であることをアピールしたスミスの自信作であったことが名前に込められています。




■当店の品番 3592B   ■文字盤 アラビア数字&楔形インデックス   ■ベルト材質 本革
■モデル名 アストラル・ナショナル15   ■針 スモールセコンド(青焼針)   ■ベルト幅 16mm
■製造年式 1960年代            
■製造国 英国   ■ムーブメント 15石Cタイプ   ■整備履歴 OH済み
      ■巻上方式 手巻   ■保証期間 3年間動作保証付
■ケース材質 クローム・プレーテッド   ■チラネジ      
■ケース構成 2ピース   ■耐震機構      
■ケース外径 32mm