~ギリシャ数字とホーンラグの魅力~
「デニソン社製ケースの青焼針1215」
 
1950年代に生産されたスミス戦後初期モデル1215シリーズ。

ツノのような形状のホーンラグが特徴的なデニソン社製ケース、ギリシャ数字のインデックス、そして光を受けて輝く青焼針。

その全てから伝統的な魅力を感じることのできる奥深いデザイン。



品番: 3593B
1950年代 英国スミス社製 1215
デニソン社製 ニッケル無垢ケース SSバック&ベゼル
15石手巻腕時計
 

 
SOLD












「戦前からの伝統を感じさせる文字盤」





アルミの質感を生かしたヘアライン仕上げの地盤にギリシャ数字のインデックス。戦前の懐中時計を思わせる、伝統的な奥深い魅力を味わうことのできる文字盤。








長短針とスモールセコンドの青焼針(ブルースチール・ハンズ)は光を受けることで美しく輝きます。






「手巻であることの魅力」



スミスの全盛期であった50〜60年代には、電池式の時計は普及していませんでした。そのため、スミスのほとんどが手巻の機械式腕時計でした。

オーナーの指の力で、竜頭を回し、幾つかのギアを経てゼンマイを巻き上げて、蓄積された力が動力となり一秒を生み出し24時間以上動作するという、その仕組みには、正確な時間はスマホがあれば知ることができる今だからこそ、愛おしさを感じることができるのでしょう。

詳しくはこちらから






~ホーンラグが魅力的~
「英国の名門デニソン社製の銘品ケース」









英国の名門デニソン社が手掛けた3ピース構造のケースはラグを含めた本体がニッケル無垢、そしてベゼルと裏蓋にはSS(ステンレススチール)が使用されています。

ツノのような形状のホーンラグは、ヴィンテージウォッチらしい伝統を感じるデザインであると同時に、その造形に定評のあるデニソン社らしい曲線美が魅力です。






「デニソン(DENNISON)の刻印は高いデザイン性と品質の証」





ケース裏蓋の内側には、伝統に裏付けられたデニソン社のロゴが刻まれ、 そのデザイン性と品質の高さを主張しています。






「表面のコートドジュネーブ仕上げが美しい、
1215前期ムーブメント」



真鍮にニッケルプレーテッドとコートドジュネーブ仕上げが施されたムーブメントは1215前期にのみに採用された極めて美しい特別な仕様です。これは、戦後初の自社生産ムーブメントへ対するスミス社の誇りと言えるでしょう。

この個体においては、美しいコンディションを保っており、更に当店によるオーバーホールと専門店ならではの整備によって確かな動作をお楽しみいただけます。






「新品の本リザード革製ベルトが付属」



現代の製品ではありますが、極めて高品質かつ本リザードならではの質感をお楽しみいただけるベルトを装着しています。









「動画ならではの立体感や
ムーブメントの繊細な動きを是非ご覧ください」











「正しく動作させるための、時計師の想い」

  それは、全てを分解することから始まります。いったい、幾度、この時計は分解、そして、組立を繰り返してきたのだろうか。そんなことを思いながら、一つ、ひとつギアの歯をチェックします。

ゴミの付着や変形があれば精度は保たれません。振り子の軸に摩耗を見つければ、オイルが切れていた時の長さを知り、部品が加工されていれば、その時計師の想いが伝わってきます。

工場出荷時の動きを取り戻すこと、それが、ビッグベアーのオーバーホールという作業です。

ウォッチギャラリービッグベアー時計技師・店主: 大熊康夫


「スミスの欠陥を克服したビッグベアー」

スミスの高級時計であった、デラックスやアストラルのほとんどに使用されているムーヴメントには、致命的な欠陥部品がありました。

それは竜頭の抜き差しの節度を保つボルトスプリングの耐久性であり、下の写真のように、折れた状態で使い続けると、他の多くのギアにまで損傷が及ぶことになります。

ビッグベアーでは15年以上前にそのことに気づき、国内の時計部品メーカーと共同開発して、耐久性に問題のない対策部品を製作し、該当モデルの部品交換を行っております。




▲右はスミス純正のボルトスプリングで、5年以上使用すると、ほとんどの場合折れてしまう欠陥があり、当店では入荷時にすべての欠陥部品を左の対策部品に交換しています。





「保証書とインフォメーション・カードを同封」



お届けの際には、ウォッチギャラリー・ビッグベアーの保証書と、スミスの魅力や歴史を解説した、当店特製のインフォメーション・カードを同封させていただいております。

ビッグベアーの3年間動作保証について、詳しくはこちら










【 1215とは 】
 

1952年より発売が開始された、スミスの高級機種の中でも最もスミスらしいと言われているシリーズ。
1950年代当時も、トラディッショナルだったデラックスのデザインが、「スミスと言えばデラックス」である由縁。




■当店の品番 3593B   ■文字盤 ギリシャ数字   ■ベルト材質 本リザード革
■モデル名 1215(トゥエルブ・フィフティーン)   ■針 青焼針スモセコ   ■ベルト幅 16mm
■製造年式 1950年代            
■製造国 英国   ■ムーブメント 15石Cタイプ   ■整備履歴 OH済み
      ■巻上方式 手巻   ■保証期間 3年間動作保証付
■ケース材質 ニッケル無垢、SSバック&ベゼルデニソン社製)   ■チラネジ      
■ケース構成 3ピース   ■耐震機構      
■ケース外径 31.2mm