1.「スミス社が手掛けた
英国の名門ブランド、J.W.ベンソンの腕時計」
 
日本では白洲次郎氏が愛用していたことで知られるJ.W.ベンソンは、当時、エルメスやアスプレーなどの名だたるブランドと同様に、時計の生産をスミスに依頼していました。

15石をチューンして16石としたスーパー・クウォリティーのムーブメントなど、上質を極めたブランドの名に恥じぬ時計であると言えます。




2.「ヴィンテージならではの味わいを
完璧な動作と共に楽しむ」
 
ヴィンテージな外観の時計は、その風合いに大きな魅力があるものの、動作に不安がつきもの...。

しかし、ビッグベアーでは外観のコンディションに関わらず、すべての時計に対して、「3年間動作保証」を可能にする、スミス専門店ならでは整備を施しています。

これにより「ヴィンテージならではの外観の味わい」と「確かな動作」をお楽しみいただくことができます。







品番: 3618B
1950年代 英国スミス社製 J.W.ベンソン
クロームプレーテッド・ケース 16石手巻腕時計

 
 
 
SOLD













「光を受けることで濃淡が反転する
デュオトーン文字盤」





ゴールドプレーテッドで統一されたインデックスと3針、そしてデュオトーン文字盤は2種類の表面処理が施されており、光の当たり方によって、その濃淡が変化し、様々な表情を見せます。 

スミス・デラックスにも見られる仕様ですが、このモデルはJ.W.ベンソンの繊細なロゴが入ることで、独自のエレガントな雰囲気を味わうことができます。







「手巻であることの魅力」



スミスの全盛期であった50〜60年代には、電池式の時計は普及していませんでした。そのため、スミスのほとんどが手巻の機械式腕時計でした。

オーナーの指の力で、竜頭を回し、幾つかのギアを経てゼンマイを巻き上げて、蓄積された力が動力となり一秒を生み出し24時間以上動作するという、その仕組みには、正確な時間はスマホがあれば知ることができる今だからこそ、愛おしさを感じることができるのでしょう。

詳しくはこちらから






「BWC社製のクロームプレーテッド・ケース」











バネ棒を使わず、ラグに直接取り付けられたシャフトにベルトを通す方式のBWC社製クロームプレーテッド・ケース(SS製裏蓋)。

このデザインのケースは、スミスではミリタリーのみに採用されている珍しい仕様です。






「優れたメカニズムは美しいデザインを生む」



このベンソンに搭載されているムーブメントは16石です。この16という数字は、軸受けなどに使用されているルビーの数を表しています。 主な軸受けに使用されているルビーは、スチール製の軸をしっかりと受け止め、摩耗を防ぐという機能だけでなく、見た目の美しさにも貢献していることがお分かりいただけるでしょう。 

デラックスのスモセコでは、15石が標準ですが、ベンソンの場合は1石増やし、より確かな耐久性と美しさが与えられています。 さらに、プレートの表面にはベンソンのロゴが美しく刻み込まれ、ここにもベンソン社の美意識への拘りを感じることが出来ます。






「新品のナイロン製NATOタイプベルト」



現代の製品ではありますが、新品のナイロン製NATOタイプベルトが付属します。









「動画ならではの立体感や
ムーブメントの繊細な動きを是非ご覧ください」











「正しく動作させるための、時計師の想い」

  それは、全てを分解することから始まります。いったい、幾度、この時計は分解、そして、組立を繰り返してきたのだろうか。そんなことを思いながら、一つ、ひとつギアの歯をチェックします。

ゴミの付着や変形があれば精度は保たれません。振り子の軸に摩耗を見つければ、オイルが切れていた時の長さを知り、部品が加工されていれば、その時計師の想いが伝わってきます。

工場出荷時の動きを取り戻すこと、それが、ビッグベアーのオーバーホールという作業です。

ウォッチギャラリービッグベアー時計技師・店主: 大熊康夫


「スミスの欠陥を克服したビッグベアー」

スミスの高級時計であった、デラックスやアストラルのほとんどに使用されているムーヴメントには、致命的な欠陥部品がありました。

それは竜頭の抜き差しの節度を保つボルトスプリングの耐久性であり、下の写真のように、折れた状態で使い続けると、他の多くのギアにまで損傷が及ぶことになります。

ビッグベアーでは15年以上前にそのことに気づき、国内の時計部品メーカーと共同開発して、耐久性に問題のない対策部品を製作し、該当モデルの部品交換を行っております。




▲右はスミス純正のボルトスプリングで、5年以上使用すると、ほとんどの場合折れてしまう欠陥があり、当店では入荷時にすべての欠陥部品を左の対策部品に交換しています。





「保証書とインフォメーション・カードを同封」



お届けの際には、ウォッチギャラリー・ビッグベアーの保証書と、スミスの魅力や歴史を解説した、当店特製のインフォメーション・カードを同封させていただいております。

ビッグベアーの3年間動作保証について、詳しくはこちら










【 J.W.ベンソンとは 】
 

J. W. Benson (ジェームス・ウィリアム・ベンソン) は1840年代創業のロンドンは オールド・ボンド・ストリートに、そして、晩年はラドゥゲイト・ヒルにショールームを構えていた老舗ジュエラーです。 惜しくも1985年頃に店を閉めていますが、彼の白洲次郎氏が愛用していたこともあり、 著名な実業家や政治家にも、その愛好家が多いことで知られています。

ベンソン社の時計は主にスイスで生産されていましたが、 英国市場のほとんどの製品はチェルトナムに工場を持つスミス社により手がけられていました。 近年では純英国製のベンソンとしてスミス社のモデルが注目されています。




■当店の品番 3618B   ■文字盤 アラビア数字&楔形インデックス   ■ベルト材質 ナイロン製
■モデル名 J.W.ベンソン   ■針 スモールセコンド   ■ベルト幅 16mm
■製造年式 1950年代         ■レンズ 新品交換済み
■製造国 英国   ■ムーブメント 16石Cタイプ   ■整備履歴 OH済み
      ■巻上方式 手巻   ■保証期間 3年間動作保証付
■ケース材質 クローム・プレーテッド   ■チラネジ      
■ケース構成 2ピース   ■耐震機構      
■ケース外径 33mm