スペック表
   
■当店の品番 3427B
■モデル名 デラックス
■製造年式 1955年
■製造国 英国
   
■ケース材質 9金無垢BWC社製
■ケース構成 
3ピース
■ケース外径 31.8mm
   
■文字盤 デュオトーンダイアル
■針 センターセコンド
   
■ムーブメント 17石Cタイプ
■巻上方式 手巻
■チラネジ
■耐震機構
   
■ベルト材質 本リザード革
■ベルト幅 16mm
   
■整備履歴 オーバーホール済
■保証期間 3年間(動作保証)
   



quality guarantee aftercare

1955年 英国スミス社製 9金無垢 デラックス(デュオトーン・ダイアル) 17石手巻腕時計
3年間動作保証付
税込価格¥199,000
ラッピング  - 





【 デラックスとは 】

1952年より発売が開始された、スミスの高級機種の中でも最もスミスらしいと言われているシリーズ。1950年代当時としてもトラディッショナルなデザインを持つデラックスは「スミスと言えばデラックス」と言われる由縁。

【 このモデルについて:古典的なデザインとムーブメントの機能美が魅力 】

1955年に生産された9金無垢BWCケースのデラックスです。外観のスミスらしさに満ち溢れたデザインと、ムーブメントのフロステッド・ギルトの表面加工とチラネジ付きの振り子など、古典的な美意識を随所に感じ取れる、ヴィンテージウォッチとして、極めて魅力的なデラックスです。

■ケース:金無垢ケースは、この時代のフラッグシップ・モデル

1955年に製造された9金無垢ケースは、英国のBWC社(British Watch Company Ltd)が手がけたハイグレードで個性的なデザインの3ピース・モデルです。立体感のあるベゼルライン、そして、力強い男性的なラグ・デザインが、このモデルの魅力です。高価な金無垢ケースは、この時代のフラッグシップ・モデルとしての証でした。

外径:31.8mm。

■文字盤:デュオトーンと、レッドアローとが生む、デラックスの美意識

英国ではデュオトーン・ダイアルと呼ばれる、いわゆる2トーンカラーの文字盤は、その繊細な色合いと、光の当たり方で、その濃淡が入れ替わる趣深い味わいが英国的と言えます。

また、滑らかで存在感のある浮彫のインデックスと、秒針先端に施されたキャンディー塗装のレッドアローは、スミスらしさを生み出しています。

■ムーブメント:質実剛健が根底にある機能美の集積と言える17石

スイスの見せるデザインとは対極にあるスミスのムーブメントには、どのモデルにも質実剛健な設計ポリシーが息づいています。


  中でも、この1950年代の17石は、センターセコンド秒針のギアを強靭な剛性と共に守るフレーム構造など、同時代の15石とは異なった、更なる機能美を際立たせています。

唯一の装飾と言える、フロステッド・ギルト加工の、金メッキは、フレームの表面を覆いつくし、強靭な印象を深めています。


【 コンディションについて:全てが極めて美しい、新品に近い状態 】

目を凝らすと、ケースの微かな使用キズや、文字盤の微細なエイジングを確認できますが、全てにおいて極めて美しい状態を保った、ニアミントコンディションの個体です。

■ケース:レンズとベルトは新品ですが、竜頭を含めフルオリジナルのケース

金無垢ケースの僅かな使用キズや、磨かれたことによるエッジ部分の滑らかさがあること以外は新品同様と言って良い状態です。また、レンズと本リザード革製のベルトは新品装着されていますが、竜頭を含め他の部分はフルオリジナルです。

■文字盤:極めて微細なエイジングはあるものの、限りなく新品に近い文字盤

目を凝らすと、極めて微細なエイジングはありますが、新品に近い状態を維持しています。

また、針のクスミや腐食なども、ほとんどなく、スッキリとした美しい印象の文字盤と言えるでしょう。

※文字盤の微細なキズは写真には写りにくいため、フォトギャラリーの中で、あえて分かりやすく撮影した画像をご覧いただけますので、ご参照ください。

■ムーブメント:工場出荷時の状態を保った極めて美しいムーブメント

ムーブメントの状態も極めて良いため、交換部品も消耗品のみに留めたビッグベアーの的確なオーバーホールにより、工場出荷時のクウォリティーに仕上がっています。

また、外観の美しさも特筆に値いたします。


















「初期のデラックスらしいデザインが魅力の
デュオトーン文字盤」
 
デラックスのデュオトーン文字盤は、デラックスの販売が開始された1952年から1960年代まで、生産が続いた人気のロングセラー・モデルです。

中でもこの9金無垢ケース・モデルは特に人気が高く、最もデラックスらしいモデルであると言えます。

また、デュオトーンの濃淡は、光の当たり方で反転する、極めて奥深い味わいがあります。
 

 
 
「キャンディー塗装が輝く魅力的な秒針」
 
スミスのセンターセコンド・モデルの特徴の一つである、秒針先端の装飾はスミスの大きな魅力と言えるでしょう。

このデラックスの場合は、矢印状の形状にキャンディー塗装のレッドが施されており、通称レッドアローと呼ばれているルビーのような透明感のある極めて魅力的な差し色として使われている装飾です。
 
「1950年代のスミスを代表する金無垢ケース」
 
このデラックスに採用された9金無垢BWCケースは3ピース式で、ボリューム感のあるラグ・デザインと、古典的な美しさを活かしたベゼル及び裏蓋のラインが極めて魅力的です。

デュオトーン文字盤との相性が極めて良く、1950年代のスミスを代表するスタンダードな9金無垢ケースと言えます。
 
 
 
「刻印のない貴重な金無垢ケース」
 
スミス社の金無垢ケース・モデルは、そのほとんどが企業などが社員へ退職時の記念品などで贈ったプレゼンテーション・ウォッチとして、使用されていました。

そのため、金無垢モデルの9割には裏蓋の刻印が施されており、その時計のアイデンティティーと言え、その美しさも魅力ですが、刻印がないモデルをお探しの方には、特にお勧めです。
 
「しっかり整備されて来た、美しい17石ムーブメント」
 
このデラックスは、裏蓋の内側に複数の整備履歴が記されており、このムーブメントが、しっかりとした整備を繰り返されていたことが分かります。

また、工具キズなどのほとんど無い、新品同様と言えるムーブメントの外観は、一流の時計師による整備を受けてきたことの証であると言えるでしょう。

さらに、ビッグベアーで、消耗部品の新品交換及び、欠陥部品の対策部品交換を含めた徹底的なオーバーホールを行っていますので、本来の精度と、それ以上の耐久性を、ご期待いただけます。
 
 
 
「上質なイタリア製本リザード革ベルトが付属」
 
このデラックスに付属の、きめ細かな、極めて上質な本リザード革製ベルトは、定評あるイタリア製品で、金無垢デラックスの上質さを、さらに引き立てています。

また、使い込むほどに、本物の素材は、良い雰囲気にエイジングして行き、その本リザード革ならではの味をお楽しみいただける製品です。